海外ドラマ「GRIMM/グリム」

Episode

ファイナル・シーズン

第8話「命の日はまた昇る」THE SON ALSO RISES

大学の研究室にいるハンプトン博士をシェリー博士が訪ねてきて何かに手を貸してほしいと懇願するがはねつけられる。ハンプトンはラジュー博士に電話して、シェリーが訪ねてきたことを告げて不安がるが、その後、研究室を出たところで何者かに襲われ惨殺される。ニックは病院に搬送されたイヴの元に駆けつけたため、代わりにウーがハンクと共に捜査を行う。

ローウェン

ローウェンについてはシーズン1第12話「闘技場」を参照。

イェガーバー

イェガーバーについてはシーズン1第2話「通過儀礼」を参照。

トーレウス・アルメンタ

トーレウス・アルメンタについてはシーズン2第18話「憤怒」を参照。

「人間の権利の擁護」『人が悪を選ぶのはそれが悪だからではない。幸福と見誤って選ぶのだ。』

『人間の権利の擁護』は、アイルランド生まれのイギリスの政治思想家、哲学者、政治家にして、「保守主義の父」として知られるエドマンド・バークが、フランス革命期の英国において匿名で出版した論文。また1756年に『自然社会の擁護』、1757年に『崇高と美の観念の起源』を匿名で発表している。バークの著作は今日でも英文学に重要な位置を占めており、特に『崇高と美の観念の起源』は、英国で最初に美学を体系化したものとして有名。バークの代表作はフランス革命への批判、そして革命が以後どのような経過を辿るかを予見した、保守主義のバイブルとされる1790年の『フランス革命の省察』。数々の名言も残しており、「困難は厳正なる教師である」「悪が栄えるために必要なのは、善人が何もしないことである」などがある。

PAGE TOP