全米大ヒット!グリム童話をベースに描く衝撃のダーク・サスペンス!ファイナル・シーズンを独占日本初放送!!

Introduction

童話で知られるグリム兄弟の家系は、人間の姿かたちを借りて人間社会に潜む魔物(ヴェッセン)たちの正体を見抜くことができる。森深いオレゴン州ポートランドの市警察殺人課の刑事ニック・ブルクハルトは、癌で余命いくばくも無いおばのマリーから自分がグリムの末裔であることを知らされ、以来、ヴェッセンが関わる事件の解決に挑んでいく……。

ダーク・ファンタジーの要素を取り入れた刑事ドラマ「GRIMM/グリム」は2011年に米NBC局で放送開始。同年にスタートした米ネットワーク局の新番組の中では最も高い視聴率※を挙げ、特に若い視聴者の間ではあっという間に人気ドラマのひとつとなり、ファン・サイトも次々に誕生。本国アメリカで金曜夜に放送されている本作は、同曜日の全ドラマ中、18-49歳層にて最も高い視聴率を獲得しており、「HAWAII FIVE-0」や「ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~」などほかの人気ドラマを抑えて視聴率トップに君臨※。また、シーズンを重ねるごとにファンを獲得し、NBC の看板番組のひとつに成長、多くの話題を集めている。

シーズン5では、ヴェッセンによる世界征服を企む黒き鈎爪が、レナードの政治的野心を利用して味方に取り込み、さらに、政府の秘密組織HW(”ハドリアヌスの長城”)の本部を急襲。マイズナーを含むスタッフを皆殺しにしてしまい、ニックらは絶体絶命な状況に追い込まれるが、驚異的なパワーを持ったダイアナが遠くから父のレナードを操って、黒き鈎爪のリーダー、ボナパルトを刺殺し、ニックらの窮状を救う。

そんな劇的なクライマックスを迎えて終わったシーズン5に続くファイナル・シーズンでは、グリムの祖先が遺した“棒”に端を発した謎が解明されていくとともに、黒き鈎爪以上の脅威がニックらを襲う……。今回のファイナル・シーズンは、熱くファンに支持され続けてきた「GRIMM/グリム」最終章にふさわしく、1話たりとも見逃せないスリリングなストーリーが展開する。

※米ニールセン調査:2011/10/24~2011/11/20 リアルタイム+同日視聴、リアルタイム+7日視聴 データより。
※米ニールセン調査:2013/10/25~2014/1/10 リアルタイム+同日視聴のデータより。

Introduction

一見普通の人間だが、実は様々な魔物が人間社会に溶け込むために姿を変えただけに過ぎないヴェッセン。その存在が見えるグリム一族の末裔、ニック・ブルクハルトはポートランド市警察の刑事である。ヴェッセンに恐れられるグリムだが、ニックの親友は狼型ヴェッセン“ブルットバッド”のモンローで、ヴェッセンが絡む事件では、モンローや彼の恋人でキツネ型ヴェッセンの“フクスバウ”であるロザリーも頼もしい協力者だ。ポートランド市警でのニックのパートナーであるハンクやウー巡査部長は人間だが、ヴェッセンの世界を知り、ニックがグリムであることも承知して公私でニックを支える。

ニックらの上司であるレナード警部は、魔女型ヴェッセン“ヘクセンビースト”と人間のハーフで、ヴェッセン界を統治する“王家”の長、フレデリックを父に持つが、庶子だったゆえ王家からは母共々冷たくされた恨みから、反王家のレジスタンスに協力する。ヴェッセン絡みの殺人事件でニックらと知り合いになったトラブルもグリムで、ニックがアダリンドの策略でグリムとしての能力を失った際には、ヴェッセンが関与した事件の捜査を助力する。トラブルは、魔術の副作用でヘクセンビーストになってしまったニックの恋人ジュリエットがニックを殺そうとした際、ニックを助けるためにジュリエットを殺すが、ジュリエットの遺体と共に、政府の秘密組織HW(”ハドリアヌスの長城”)に連れ去られる。

HWが闘っていた相手は、“黒き鈎爪”と呼ばれるヴェッセンのグループで、ヴェッセンが人間を支配する世界の構築を目指していた。HWはグリムであるトラブルをリクルートすると同時に、ジュリエットを蘇生させた上、強力な戦力となるイヴに生まれ変わらせる。

一方、ニックとモンローがドイツから持ち帰ったグリムの祖先の遺した箱の中には古ぼけた“棒”が入っているのみで一同をガッカリさせるが、その“棒”は驚異的な治癒力を持つ特別なものだったことが判る。

その頃、黒き鈎爪のリーダー、ボナパルトは、レナードの野心を利用し、ポートランド市長にさせて、政界へコネをつけようと画策。政治家としてのイメージアップのために娘ダイアナと共にレナードの家族のふりをするよう命ぜられたアダリンドは、一緒に息子ケリーをもうけたニックを愛するようになっていたため一旦は拒否するが、ザウバービーストであるボナパルトのパワーで無理やり服従させられる。黒き鈎爪はニックらの攻撃を強め、ニックたちは隠れ家にしていたロフトで急襲される。ニックは皆を秘密のトンネルから逃がしてヴェッセンたちに立ち向かうが、その1人に撃たれてしまう。撃ったヴェッセンはボナパルトにニックの死を報告。ボナパルトはレナードと共にロフトにやってくるが、黒き鈎爪は全滅。死んだはずのニックがそこに立っていた。ニックは懐に入れた“棒”のおかげで死なずに済んだのだった。強力なパワーでニックに襲いかかるボナパルトを、背後にいたレナードが剣で刺す。母アダリンドを痛めつけたボナパルトに復讐すべく、ダイアナが父のレナードを遠隔操作してボナパルトを殺させたのであった。腑に落ちない表情でレナードが去ると、ニックはトンネルに降り、驚く皆と再会する。

ロザリーとモンロー、それにイヴはスパイス・ショップを襲撃してきたヴェッセンの死体を片付けていたが、イヴが持ち上げようとした死体の腕がいきなりイヴの腕を掴む。その瞬間、イヴは死体が自分を暗い渦の中に引きずり込む光景を見る。その死体には奇妙な図柄が描き込まれていた。その図柄は、トラブルがダイアナに“棒”を包んでいた布を見せた際、ダイアナが見たものと同じだった。

署に戻ったレナードは、署員たちにニックがボナパルトを殺して逃げていると告げ、ニックを逮捕するよう命じる。逮捕に抵抗した場合は射殺しても構わないとまで言うレナード。追っ手にわからないようにと、ニックらはバドの家にかくまってもらうことになるが、間もなくバドの家は警察に包囲されてしまい……。

Introduction

ドラマティックなストーリーが急展開する最終シーズン

ついに最終シーズンとなる「GRIMM/グリム ファイナル・シーズン」は、最終話のクライマックスに向かってドラマティックな話が速いテンポで展開する。シーズンの最後で、娘のダイアナに操られていたとはいえ、ボナパルトを殺す結果になったレナードは、これからどのような行動をとるのか?“黒の鈎爪”はボナパルトの死後もニックたちの脅威であり続けるのか?「GRIMM/グリム ファイナル・シーズン」はシリーズ最終章にふさわしい大団円を迎えるファン必見のシーズンとなっている。

スーパー・パワーを持つ“棒”の謎

シーズン5では、黒い森でニックとモンローが見つけた“棒”が、驚異的な治癒力でモンローやイヴの重傷を治しただけでなく、銃で撃たれたニックの命まで救う奇跡的パワーを発揮するが、ファイナル・シーズンでは、その“棒”の由来が明らかにされていく。その過程で、“棒”は、ニックだけでなくイヴやダイアナまで巻き込み、「GRIMM/グリム」最終章の驚愕のクライマックスへとつながる重要な役割を果たすことになる。

デヴィッド・ジュントーリが第3話で監督デビュー!

「GRIMM/グリム ファイナル・シーズン」では、主人公ニックを演じてきたデヴィッド・ジュントーリが第3話で監督デビューを果たしている。5年間、主役を務めてきたドラマのエピソードを監督することについてジュントーリは以下のように語っている。「皆、僕が監督するということを心配していたよ。僕はセットではお間抜けな事ばかりしているし、集中力が長く続く方ではないから。でも、僕は監督する用意ができていたんだ。僕は皆の期待を裏切りたくなかったから、ちゃんとたくさん下調べもしておいたし。監督の仕事は間違いなく最高だった。監督中に僕の脳をスキャンしたら全体が光を発していたんじゃないかな。皆が僕の提案に耳を傾けてくれた。僕はそれぞれの俳優の癖を良く心得ていたから、それぞれ、どのようにアプローチすれば良いのか、誰になら単刀直入に話せるかという事も良く解っていた。僕は、客員監督が持っていない豊富で詳細な知識で“武装”することができたんだ」

Introduction

■原題
GRIMM
■データ
2011~2017年/アメリカ/二カ国語&字幕/60 分/HD作品
■製作総指揮
ノルベルト・バーバ、デヴィッド・グリーンウォルト、ジム・カウフ、ショーン・ヘイズ、トッド・ミルナー
■キャスト
ニック ・ブルクハルト…デヴィッド・ジュントーリ
モンロー…サイラス・ウェイア・ミッチェル
ジュリエット・シルバートン…ビッツィー・トゥロック
レナード警部…サッシャ・ロイズ
ハンク・グリフィン…ラッセル・ホーンズビー
ウー巡査部長…レジー・リー
ロザリー・カルヴァート…ブリー・ターナー
アダリンド・シェイド…クレア・コフィー

PAGE TOP